徐々にクアッドコアが主流になる

11-10

小さなパーソナルコンピューターとも呼べるスマホは、パソコンと同じようにCPUが機体性能のカギを握っているのです。CPUの性能を決めるのは、おもにコア数とクロック数と呼びます二つの数値で、そのうちも値が最高ほど性能が最善ことを意味します。

現在、スマホのCPUは、シングルコア(1コア)からデュアルコア(2コア)へと進化しており、2012年夏にはアンドロイドスマホでクアッドコア(4コア)搭載の機種が登場やったことによりまして、今後は徐々にクアッドコアが主流になると見えています。付け加えると、アイフォンの最新機種である「iPhone5」のCPUはA6(デュアルコア)・1.02GHz、また、アンドロイドスマートフォンの上位機種(「ARROWSZISW13F」等)のCPUはクアッドコア・1.5GHzとなっています。

さらに、同じコア数しかし、クロックの数値(「1.0GHz」「1.2GHz」「1.5GHz」など)によって、データ処理速度が変化していきます。

関連記事

コメントは利用できません。

return top